銀行融資による資金調達の特徴を教えます

建物の模型とBANKの文字

従来から起業するにあたってや企業規模拡大のための資金調達の方法の主軸とされてきたのが、銀行融資です。ビジネスの資金繰りの需要のために利用の選択肢には、銀行だけでなくノンバンク系の金融機関のビジネスローンもあります。銀行融資の特徴はノンバンク系の金融機関からの借入に比較すると金利が低く抑えられていることです。ノンバンクの金融機関は、もっぱら与信を行うだけなので融資の原資は銀行などからの借入になります。そのため金利を上乗せして収益をあげるため金利も割高です。これに引き換え銀行は預貯金を原資に融資にまわすので金利は低く抑えることができる訳です。

銀行融資には大別すると、銀行独自の判断で行うプロパー融資と信用保証協会の保証を受ける融資の二種類です。信用保証協会とは公的な信用保障期間で、融資が焦げついたときは代位弁済してくれるので銀行のリスクも低くなります。地方自治体が主導する中小企業向け融資のなかには、このタイプの融資です。

これに対して銀行の独自の判断で行うプロパー融資は、低金利で借入を得ることが出来る反面、審査を通過するのが難しいという特徴があります。審査を通過するにあたっては、事業の売上や継続年数・バランスシートの状況や今後の企業の成長性など、多角的視点で審査の可否が判断されます。そのためプロパーの銀行融資の審査を通過するには、新規事業や黒字起業でも将来性が見込めない場合には審査を通過出来ない可能性があります。

銀行融資の資金調達のもうひとつの特徴は、何らかの担保を要求されることです。民間の営利企業である銀行は、不良債権化を嫌います。万が一支払いが延滞したときでも担保を処分して貸付金の回収を諮ればリスクを最小化できます。そのため銀行融資では担保の提供を求められるわけです。担保には保証人などの人的担保と土地や建物などの物的担保などに分かれます。土地建物などの不動産がない場合でも、現金などの預貯金も担保になりますが、無担保融資は事業資金捻出の上では困難なのが現実です。そこでめぼしい財産がなければ保証人を立てたり、提携している民間保証会社などと保証契約を締結するのが一般的です。ただし、銀行融資を得るには相当の信用がないと難しいのは否めません。新規事業などでは地方自治体と提携する中小企業融資を利用するのが普通です。プロパーの銀行融資を得るには、事業活動で実績を残し、事業の将来性を納得させることが必要になります。