地方自治体による資金調達の特徴を教えます

模型でできた街のイメージ

全国の市町村などの地方自治体では制度融資による資金調達を積極的に提供しています。地方自治体の制度融資とは各自治体が企業家や経営者の方に向けて実施する融資のことです。一見すると地方自治体と起業などとの間には関係性が希釈との印象を持つかもしれません。しかし地方自治体が資金調達などの企業支援に積極的に取り組んでいるのには理由があります。それは起業を地元に誘致することが経済効果が高いからです。新規に起業が設立されて事業が開始されると、新規に雇用が生まれます。事業が順調に展開し成長をはじめれば、地元に定着し、さらに新たな企業の設立につながり地域の経済が活性科すると言う流れが出来上がり地方再生の流れが生まれることも期待されます。当然のことながら地域経済が活性化すれば地方税の税収も上がることになるので、地方財政にとってもプラス面が大きいことも影響します。

地方自治体の制度融資の特徴は、民間金融機関に比べて好条件で設定されていることです。無担保・低金利・無保証、あるいは全期間金利固定などの融資条件になっているのが大半です。さらに融資だけでなく個別相談・起業セミナーなどビジネスのノウハウや、地場産業などとの橋渡しのためのマッチング的な取り組みなどにも説教的です。地方自治地は地元の現状や産業の特性・今後の課題などについて詳細な情報を把握しているため、地元や地域で企業を展開する際の大きな味方になってくれることも期待できます。

それでは、数ある地方自治体の制度融資のなかでも代表的なものを御紹介します。東京都では若者・女性・シニアサポート事業が展開されています。これは女性や39歳以下の若者、55歳以上のシニアを対象に創業の計画をもっているか、新規に創業して5年以内の場合に融資とその後の経営相談などがパッケージで提供されるというもの。具体的な内容は起業セミナーを始め、融資相談や有志後の経営相談を受けることが可能です。税理士による決算書作成に関するアドバイスなども用意されています。

埼玉県では圏の融資制度が運用されています。これは県と金融機関・商工会議所などが提携し、事業に必要な資金を融資するというものです。低金利を全期間固定、無担保・第三者保証人不要など潤沢な財産を保有していない経営者の方でも利用しやすくなっています。地方自治体の資金調達の特徴は、地域に根ざした企業の成長にあります。民間金融機関での資金調達が困難な方でも利用可能なのがメリットです。