個人投資家による資金調達の特徴を教えます

投資家の男性

新規に事業を立ち上げたり、事業拡大をするために必要な資金調達には融資を受けたり出資を受けるなどの方法がありますがいずれも会社組織などが主体とするものです。銀行などは個人の預貯金を原資にしていますが、あくまで貸しだすのは銀行や会社などの法人などの団体です。これに対して個人投資家に出資してもらう資金調達の方法もあります。いわゆるエンジェル投資家にスポンサーになってもらい出資を受ける方法ですが、どのような特徴があるのでしょうか。類似するほかの制度との違いに触れながら、活用方法や注意点を検討してみましょう。

エンジェル投資家とは個人で企業家に出資を行う人のことを指しています。エンジェルとは、演劇業界や新人役者などを支援する人のことを呼称していたことに由来する言葉です。企業を支援するプレイヤーにはベンチャーキャピタルやクラウドファンディングなどもあります。前者は金融機関や投資家などが将来有望視する企業家を対象に、出資・企業支援するものですが最終的に上場をめざす店で拘束が強く、後者は特定の個人に特定しないで小口の出資を募るものでまとまった資金を工面するには向いていないなどの点で個人投資家による出資とは異なります。

エンジェル投資家のほとんどは、企業経営の第一線から退いている起業での成功体験を持つ方です。出資へのリターンを求めるというよりは、これから新規に起業する人を応援したいという趣旨で活動している傾向が強いといえます。そのため資金を工面する役割にとどまらず、業界で活躍する経営者を紹介したり、自分の経験のなかで積み上げてきたノウハウを提供するなど起業から事業成功にいたるまでのサポートを受けられることもあるなど心強い存在になってくれることも特徴です。

エンジェルと投資家の出資額は、500-2000万円ほどの比較的少額なのがほとんどなので、多額の初期費用を必要としない業種などに向いているようです。もちろん出資なのでリターンを得る仕組みを前提にしていますが、株式会社では第三者割り当て増資で株式を発行したり転換社債付き株式などを交付することが一般的です。エンジェル投資家からの支援を得るには、人のつながりを持つ必要があります。最近ではマッチングサイトなども登場していますが、人脈のツテをいかして自分から事業内容のプレゼンを行って共感をえて出資にまで持ち込むという方法もあります。ただし投資家個人との愛唱もあるので、ソフトの面での付き合いも求められます。