ベンチャーキャピタルによる資金調達の特徴を教えます

業績アップのイメージ

新規起業を計画している方のなかには株式の上場までを視野にいれている方もいらっしゃるでしょう。株式を上場することでマーケットの注目を集めることにより、巨額の資金が株式に流れるチャンスに恵まれるので、よりスケールが大きい規模の事業展開を加納にするので、ある意味企業化にとっての理想をかなえることになります。しかし個人の力で株式上場を実現するのは容易なことではありません。起業してから株式上場を視野に入れている方の目標実現をサポートするのがベンチャアーキャピタルです。

ベンチャーキャピタルの意義を確認しておくと、企業家や経営者に出資などの資金調達や事業展開の助言などを行い、最終的にリターンを得ることを目的にするプロ集団のことです。ベンチャーキャピタルの特徴はファンドを形成し出資を募ることにあります。このファンドへの出資金を原資に投資申込み案件に対して独自の審査を行い、通過した案件について出資を行い資金調達のサポートを行います。ベンチャーキャピタルからの出資を得ることで、短期間で株式上場に向けての短期間での整腸を可能にしてくれるのは確かです。しかし見返りを求めることなく出資をするわけではなく、上場があくまでマストの目標です。単なる事業の整腸をめざすだけでなく、上場を実現するようにベンチャーキャピタルの経営方針に従う必要があります。企業に当たっては自分の方針を貫くとのスタンスで起業を考えている方では、妥協するのが難しい場面も出てくることが予想されます。金もだすが口もだす特徴をもっていることは利用するにあたって年頭に置くことが必須です。つまりべンチャーキャピタルでは、現金を出資するだけでなく彼らがこれまでの投資事業を通じて蓄積したノウハウの提供もセットになっています。具体的にはベンチャーキャピタルからは役員が出向することで、経営支援を実施することになるのが一般的です。場合によっては起業の枠をこえて、他の会社などとの提携やパートナー先などを紹介することもあります。

彼らの豊富な資金力や経営ノウハウは、時代の変化がめまぐるしい事業に挑む方にとって非常に魅力的です。しかしベンチャーキャピタルの目的は事業を成長させて、価値をたかめて株式を売却することにあります。出資した現金を早期に回収することが目的になるので、彼らの立案したスキームに従うことが求められます。事業の見通しが暗澹たるものであれば、出資を引き上げられるリスクも想定しておく必要があります。