ファクタリングによる資金調達の特徴を教えます

握手をしている人

銀行からの融資を受けるには土地や建物などの不動産か、まとまった金額の預金債権など、有力な担保になるべき財産を保有していることが前提でした。
しかし必ずしも担保に差し出す財産を保有しているとは限りません。
そこで新たな資金調達手段として注目を集めているのがファクタリングになります。

ファクタリングと取引先との間で掛けの売買を行っている場合に、その取引を原因に発生する売買債権を譲渡して現金化するという資金調達手段です。

代金債権とは代金支払い請求権なので帰属先を買えれば別人でも請求できるので財産的価値があります。
しかし売り掛け取引では支払期日が設定されているので、それより前の日付で請求することは出来ません。
そこで売買代金債権自体を売買で譲渡して、対価として現金を受け取るというのがファクタリングです。

このサービスの特徴の一つに、手数料が設定されていることを挙げることが出来ます。

手数料は売買対象の債権の金額や内容・属性・未回収のリスクなどに応じて変動し、債権自体の買取価格も変動します。
そのために実際に手にすることが出来る現金は、買取価格や手数料の割合などに応じて控除された金額になります。

そしてファクタリングのもう一つの特徴として、取引のスタイルに2種類あることです。
この取引に関与するのはファクタリング会社と利用会社・取引先納入会社になります。

債権譲渡に置いては、二重払いのリスクを回避するために、債務者つまり取引先から承諾を得るのが原則です。
そのため契約に先だって取引先から承諾を取り付けておき、支払期日が到来したときは、直接ファクタリング会社に支払うのが基本形谷なります。これを3社間取引と言います。

しかし現実に取引先から承諾を取り付けるというのはハードルが高いのが現実です。
日本国内においては現金調達は金融機関からの融資が原則で、ファクタリング取引の知名度は高くありません。
耳慣れないファクタリングで資金調達をするということは、取引先から信用状の疑念や不安を与える可能性があるからです。

そのため取引先の承諾を得ることなく利用会社とファクタリング会社だけで、取引を完結させるスタイルが利用されるようになりました。
それが2社間取引というものです。
2社間取引では一旦利用会社に売掛金は支払われて利用会社を経由して、ファクタリング会社に入金されます。
従って2社間取引はリスクが高いと意識されて手数料が高くなり審査も厳しくなる傾向があります。