クラウドファンディングによる資金調達の特徴を教えます

パソコンを使用している人

インターネットの普及にともなって急速に普及している資金調達の方法に、クラウドファンディングという方法があります。この言葉の由来はクラウド(群集)とファンディング(投資)のあわせた造語のことで、インターネットを通じて不特定多数に出資を呼びかけて企図する事業のための資金をあつめるというものです。欧米では新たな資金調達の方法として普及してきた方法ですが、日本に本格的に紹介されたのは2011年頃に本格的にクラウドファンディングサービスを提供する起業が事業展開を開始して以降とみられています。事業内容に不確実性が高く高いリスクを合えて選択し自己資金で起業するほかなかったような事業でも、クラウドファンディングを活用することで起業することが可能になってきました。

クラウドファンディングはいくつかの種類に分けることが出来ます。企業経営者の方などが利用する可能性が高いのは、購入型と融資型です。購入型とはリターンに市場で入手できない商品やサービスを提供します。投資型では複数の個人から現金を集めて事業計画資金をつのり、出資者には毎月所定の金利が支払わられる仕組みになっており、あらたな金融商品としても注目を集めています。

クラウドファンディングを利用することのメリットは、不確実な事業でも事業に必要な原資をえることが可能な点です。出資者へのリターンは現金以外の商品などを活用できるのもポイントです。そしてプレゼンテーションの方法によっては、幅広い共感を得ることで巨額の資金を獲得できるチャンスがあるのも魅力です。

しかしクラウドファンディングの特徴として、資金の必要額がすぐに集まるとは限らない不確実性をもっていることがあります。特定の分野でのインフルエンサーのような存在であればともかく、投資案件としての魅力に欠ければ、とりわけ融資型クラウドファンディングで資金を調達するのは難しい側面もあります。もうひとつクラウドファンディングの特徴に、競合者に盗用されやすいリスクを抱えている面も指摘できます。これまで温めてきたアイデアや、長年研究開発に取り組んできたような商品やアイデアを世に公開することになるので、競合他社に盗用されてしまうリスクは常に背中合わせです。特許や実用新案を取得するなど事前の対策をたてておくこともリスクヘッジのうえで重要です。資金調達をする上でクラウドファンディングは、プレゼン力が正面から問われます。事業内容はもちろん、思わず出資したくなるような魅力を感じさせることが重要です。