法人のための資金調達ナビ

観覧車と雲のイラスト

株式会社に代表される法人を設立起業すると、いつかは資金繰りの問題に直面することになります。当然のことながら新規に法人を立ち上げるときには、ある程度のキャッシュは用意しているものです。

設立当初から本業が起動にのり売り上げが上がりで順調に成長するのは難しいので、当座のやりくりのためにある程度のキャッシュを用意しているからです。しかし事業所を確保しても、本業で収益をあげるためには、製造業を事例にとると、生産機材の購入や原材料の購入、従業員への支払いや光熱費などの固定費の支払いなどは本業が順調か否かとは関係なく発生しつづけます。

お金と葉

商品の生産が無事完了し、注文ロット数を納入先に納品しても、支払期日までの間は入金されません。企業間取引では掛けでの取引が一般的だからです。仕事の終了と支払いまでの間のズレを支払サイトと言いますが、仮に約束手形で決済したような場合には、最長では半年程度現金入金までの時間が空くことになります。従って起業当時は十分だと想定した現金も、本業は好調であっても瞬く間に減少し、資金繰りの問題に直権することになるのです。資金繰りに窮すれば、本業以外の方法で資金調達を真剣に検討する必要に迫られます。

同様の問題は事業拡大の場面でも同様です。製造業では新たな発注によるロット数の増加や取引先がふえたことによる生産設備不足などに直面すれば、場合によっては設備投資だけでなく新規の生産拠点の確保の必要性がでてくるかもしれません。

製造業ほどまとまった資金を必要としない飲食店などの小売業でも、新規出店を検討していたところ賃料や交通アクセスなどの条件で、自分の店舗の取り扱いジャンルに適合する優良物件でも急遽見つかった場合には、迅速に契約して物件を抑える必要があります。いずれの事例でも事業拡大のために資金調達の必要性が高いのは明らかです。

しかし、法人で起業するということは、日々の必要に応じて常にキャッシュの必要性に直面することを意味します。そのため本業が順調であっても、系柄者の判断で機動的に使える現金はy手元にあるというのは例外的ともいえます。このような事情があるので、起業時だけでなく事業拡大のときなどにも資金繰りの問題を解決するために資金調達方法を検討しておく必要があるわけです。

株式会社などの事業活動を前提にした資金調達方法には、従来から主流だった銀行に代表される金融機関の融資だけでなく、色々な選択肢が用意されています。

アーカイブ